«

»

11月 05

6巻の表紙はベルナがふさわしい!

tennpurizumu
※本日のブログは勝手に叫ばせて頂きます

 

 

みなさま!
みなさま!!読まれましたか!!!

10月30日発売となった
『テンプリズム(6)』を!!!
ワタクシ単行本派ですので、今読んだんです。

読まれた方はぜひ、ご一緒に叫びましょう。
いきますよ、
せーのっ

 

 

 

ベルナあああああああああああああああああ

orz

 

 

 

/(^o^)\ナンテコッタイ…

 

 

 

この際テンプリズムに関してはあらすじ説明を放棄いたしますが
ストーリーものがお好きでしたら、
もう激アツ。
『シャカリキ!』『め組の大吾』を描かれた
曽田正人先生ですから、
アツさに間違いございません。

 

 

10月30日に発売されました6巻は
しばらく出番のなかった主人公が帰って参りまして
その感動の登場、待ってました!!!!感もさることながら
今までスポットライトの当たっていた美少女、
国の英雄・ニキちゃんから
一気にベルナにスポットライトが当たります。
嫌な方向に。(笑)
 

読めば読むほど、
そんなのってないよォォ~~~~~という気持ちと
女の子という生き物の複雑さが入り混じって
あーッ 胸の内に留めておけない!!
曽田正人先生は女性の内面の描写、お上手ですね。
ドロドロにしすぎないのも、読み手がベルナに情が残って大変良い塩梅です。
冷静に考えると
この6巻の舞台になっている「森」から
ほっとんど動いていないのですが(笑)
も~~~~、 こっちの心は動かされまくり。

読まれていない方はぜひ、6巻まで一気に読んでみて下さい。
今回は割愛しましたが、
ショートカット美少女・ニキも最高にカワイイです
こみらの!参加店では限定イラストカードつき!→http://comirano.info/?p=2722

tennpurizumu イラカ「テンプリズム6」color